sitemapcontact us
HomeIndustriesWhy FukuokaCase StudiesCompany DirectryInvest Fukuoka

INVEST FUKUOKA
Homeニュース
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
17/12/28
外国人に新たな在留資格「創業準備ビザ」
経済産業、法務両省はアジアなどの外国人起業家を呼び込むため、2018年度にも全国で「創業準備ビザ」と呼ばれる新たな在留資格を認める方針だ。現在、国家戦略特区の東京と福岡だけ6カ月間の創業活動目的の在留を認めている。来日したばかりの外国人が事務所を借りたり、口座を開いて融資を受けるのは難しく、外国人起業家の間では6カ月の準備期間でも短すぎるという意見が多い。そこで期間を1年に延ばした新たなビザを全国で使えるようにする。スタートアップ誘致への自治体の動きが活発になりそうだ。

17/12/28
九州の工場立地件数、3年ぶりに増
九州経済産業局は2017年上半期の九州の工場立地動向を発表した。企業が1000平方メートル以上の用地を買い、賃借した件数は、前年同期より8件多い44件で、上半期として3年ぶりに増えた。合計面積も2.9倍の79ヘクタールと大幅に伸びた。県別では、福岡の15件が最も多く、熊本、宮崎が各8件、長崎が5件、大分が2件だった。業種別では食料品が13件と最も多かった。企業収益の改善などを背景に、設備投資の動きが活発化している。

17/12/12
FIBAイベント知事公舎で開催
11月20日、福岡・九州に関するビジネス情報の交換を目的に年数回開催しているネットワーキングイベントのひとつとして、「2017年度FIBA知事公舎イベント」が開催された。今回は、スウェーデンのスタートアップ企業でスマートシティや自動車用のレーダー技術を基本とした製品の開発を行っているUniqueSec AB社のプレゼンテーションが行われた。小川知事は、参加者と交流し、甘柿「秋王」、キウィフルーツ「甘うぃ」、県産米「元気つくし」、日本酒などの県産品をPRした。

17/12/12
フクオカベンチャーマーケット史上初の東京開催
10月27日、東京で「Fukuoka Day in DIAGONAL RUN TOKYO」が開催された。1999年から福岡県で毎月開催している中小・ベンチャー企業とビジネスパートナーをつなぐマッチングの場である“フクオカベンチャーマーケット(FVM)”はこれまでに200回を超えているが、今回初めての東京開催となった。当日は九州でオープンイノベーションに取り組む大企業や福岡で積極的な活動を行っているベンチャー企業の講演などが行われ、約120名の参加者は熱心に聞き入っていた。

17/12/12
Braveridge、糸島リサーチパークに新工場建設
無線通信技術を中心にIoT向け製品の開発などを行うベンチャー企業、Braveridgeは、省電力で広域をカバーできる新たな無線通信規格「LoRaWAN」対応機器の研究開発・量産化を図るため、県が整備した糸島リサーチパーク内に新工場を建設し、11月15日に完成式が行われた。新工場は2階建てで延べ床面積1986平方メートル。当初60人体制で稼働、2020年頃までにさらに50人程増員し、国内外の生産集約を目指す。同工場は、研究開発施設などが立地する糸島リサーチパークへの最初の民間企業となる。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
|| Home || Fukuoka Welcomes You || 産業プロジェクト || 福岡の魅力 || 海外企業進出事例 ||
|| 福岡企業情報 || サポート || サイトマップ || お問い合わせ ||