sitemapcontact us
HomeIndustriesWhy FukuokaCase StudiesCompany DirectryInvest Fukuoka

INVEST FUKUOKA
Homeニュース
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |
16/07/04
福岡市、民間と共同で燃料電池トラック開発へ
福岡市は民間と共同で日本初の燃料電池トラックの技術開発に取り組む。同市は水素の「地産地消」につなげるため、下水汚泥処理の過程で発生するバイオガスから取り出した水素を活用し、東京の自動車メーカーが車両を開発する。実証実験では、物流分野にも燃料電池車を普及させ、環境負担を下げる狙いがある。2年かけて開発し、完成した試験車両を2018年から天神地区の貨物輸送に使う計画だ。

16/06/06
熊本地震に対する福岡県の取り組み
福岡県は、甚大な被害を受けた熊本県に対し、発災直後から福岡県警察広域緊急援助隊、福岡県緊急消防援助隊、福岡県DMAT(災害派遣医療チーム)を派遣し、救助救急活動に当たったほか、健康管理支援チームや被災建築物応急危険度判定士などの専門家の派遣、県備蓄物資の提供など応急対策に全力をつくしている。また、県及び県内市町村の職員が多数現地に入り、避難所の運営、罹災証明書の発行などの業務に従事している。小川知事も被災地を訪問し、今回の震災に対するお悔やみ、お見舞いと復旧・復興に向けた激励を行い、今後も継続的に支援することを伝えた。

16/06/06
九州自動車道が全線開通
熊本地震で一部が通行止めになっていた九州自動車道が4月29日、通行制限区間は残っているもののゴールデンウィーク初日に開通した。熊本市北区の北熊本サービスエリアはこの日、九州道を利用して訪れた観光客らでにぎわった。九州の大動脈がつながったことで被災地の復興の加速が期待される。

16/06/06
「KITTE博多」オープン
4月21日、JR博多駅前に「KITTE博多」がオープンした。九州初進出となる丸井グループの「博多マルイ」を核に約180店が入る新たな集客拠点だ。地上11階、地下3階で、延べ床面積は約6万4千平方メートル。飲食店50店や福岡大のクリニック、ユニクロの大型店などが入る。初日の来館者は8万人に達した。先日開業5周年を迎えた隣接の「JR博多シティ」とともに、多くの買い物客、オフィス客を集めそうだ。

16/05/26
東九州自動車道「椎田南〜豊前」インター間、開通
福岡県内で唯一の未開通区間であった「椎田南〜豊前」インター間(延長7.2km)が、4月24日に開通した。これに伴い、東九州自動車道は、北九州市から宮崎市間が全線開通した。今回の開通で、九州縦貫自動車道、そして九州横断自動車道と一体となって九州に循環型のネットワークが形成され、人とモノの交流が大きく促進され、効率化されることが期待される。県は、北九州空港、国際拠点港湾の北九州港、重要港湾の苅田港などとも連携させながら、農林水産物のさらなる販売促進、自動車産業や航空機産業といった先端成長産業集積の促進に努める。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 |
|| Home || Fukuoka Welcomes You || 産業プロジェクト || 福岡の魅力 || 海外企業進出事例 ||
|| 福岡企業情報 || サポート || サイトマップ || お問い合わせ ||