sitemapcontact us
HomeIndustriesWhy FukuokaCase StudiesCompany DirectryInvest Fukuoka

INVEST FUKUOKA
Homeニュース
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 |
17/12/12
FIBAイベント知事公舎で開催
11月20日、福岡・九州に関するビジネス情報の交換を目的に年数回開催しているネットワーキングイベントのひとつとして、「2017年度FIBA知事公舎イベント」が開催された。今回は、スウェーデンのスタートアップ企業でスマートシティや自動車用のレーダー技術を基本とした製品の開発を行っているUniqueSec AB社のプレゼンテーションが行われた。小川知事は、参加者と交流し、甘柿「秋王」、キウィフルーツ「甘うぃ」、県産米「元気つくし」、日本酒などの県産品をPRした。

17/12/12
フクオカベンチャーマーケット史上初の東京開催
10月27日、東京で「Fukuoka Day in DIAGONAL RUN TOKYO」が開催された。1999年から福岡県で毎月開催している中小・ベンチャー企業とビジネスパートナーをつなぐマッチングの場である“フクオカベンチャーマーケット(FVM)”はこれまでに200回を超えているが、今回初めての東京開催となった。当日は九州でオープンイノベーションに取り組む大企業や福岡で積極的な活動を行っているベンチャー企業の講演などが行われ、約120名の参加者は熱心に聞き入っていた。

17/12/12
Braveridge、糸島リサーチパークに新工場建設
無線通信技術を中心にIoT向け製品の開発などを行うベンチャー企業、Braveridgeは、省電力で広域をカバーできる新たな無線通信規格「LoRaWAN」対応機器の研究開発・量産化を図るため、県が整備した糸島リサーチパーク内に新工場を建設し、11月15日に完成式が行われた。新工場は2階建てで延べ床面積1986平方メートル。当初60人体制で稼働、2020年頃までにさらに50人程増員し、国内外の生産集約を目指す。同工場は、研究開発施設などが立地する糸島リサーチパークへの最初の民間企業となる。

17/11/02
ケニア共和国、東京オリンピック事前キャンプ地を久留米市に決定
8月23日、ケニア共和国と、福岡県、久留米市の3者で2020年東京オリンピック競技大会におけるケニア共和国代表チームの事前キャンプ地に関する基本合意書の調印式が行われた。福岡県内市町村での2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の事前キャンプ地の決定は、福岡市(スウェーデン・ノルウェー)、行橋市(メキシコ)、北九州市(タイ)に続き、4つ目の自治体となる。久留米市によると、市内に多数の医療機関が集まっている点などが評価されたとしており、世界最高峰の陸上競技チームをはじめとする、ケニア共和国のトップアスリートの姿を同市で見ることができる。

17/11/02
ドーガン、九州の中小企業支援の新ファンド設立
10月1日、投資ファンド運営のドーガンは、九州と中四国地域の中堅・中小企業の事業再生を支援するファンドを設立した。新ファンド「九州せとうちポテンシャルバリューファンド」では後継者問題を抱える企業の事業継承支援を重視。成長戦略への投資や過去の負債の整理を支援し、経営が引き継ぎやすいようにするほか、出資側企業と投資先との提携も視野に入れる。地方銀行に加え地場の事業会社が幅広く出資し、資金の地域循環を目指す。2018年9月末まで出資者を募り、最終的に50億円規模を目指す。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 |
|| Home || Fukuoka Welcomes You || 産業プロジェクト || 福岡の魅力 || 海外企業進出事例 ||
|| 福岡企業情報 || サポート || サイトマップ || お問い合わせ ||