sitemapcontact us
HomeIndustriesWhy FukuokaCase StudiesCompany DirectryInvest Fukuoka


情報通信技術
半導体 / LSI デザイン
自動車
バイオテクノロジー
環境
水素エネルギー
ナノテクノロジー
ロボット
コンテンツ産業
INVEST FUKUOKA
Home産業プロジェクト環境
〜環境産業のメッカ福岡〜
 日本は、環境に関する意識が高い国です。日本の企業は、環境に配慮するとともに、環境をビジネスチャンスとして捉えています。
 福岡県は、ゼロ・エミッション構想を地域の環境調和型経済社会づくりのための基本構想として位置づけるとともに、地域振興策の一つとして推進しています。その結果、福岡は、日本の環境産業の一大集積地となり、優れた環境技術を有する海外の企業にとっても大きなビジネスチャンスをもたらす地域となっています。

日本をリードする環境技術の集積
 福岡県の企業や研究機関には環境関連技術が蓄積しています。福岡県は、1901年に日本最初の近代的製鉄所が設置されるなど、日本の4大工業地帯の一つとして古くから栄えてきました。そこで蓄積された高度な製鉄技術、石油化学技術、機械技術等は、いずれも今日の環境産業に必要とされる技術です。また、工業地域として、様々な排出物の処理の問題を克服してきた企業群は、世界トップレベルの環境技術を有しています。
卓越したロジスティックス機能
 環境産業は、長いバリューチェーンの中で形成されます。従って、優れた物流インフラの存在がビジネス成功の重要な要因となります。その点、福岡県は、日本有数の港湾機能や鉄道・道路網が整備されており、日本で唯一アジア大陸に向いた大規模港湾施設を有する地域です。福岡に立地する海外の環境産業関連企業は、日本国内はもとより、アジア全体を視野に入れた国際的な環境ビジネスが可能となります。

サポート
北九州エコタウン事業
 福岡県の北部に位置する北九州市は、1997年に日本の他の地域に先駆けて、政府からエコタウン事業の承認を受け、環境・リサイクル産業の振興を図っています。実証研究エリアでは、企業による環境技術の開発に必要な実験設備を整え、円滑な技術開発、事業化への支援を行っています。20を超える企業が既にペットボトルや自動車、家電、廃材などのリサイクルを中心とした事業を実施中です。
大牟田エコタウン事業
 福岡県の南部に位置する大牟田市は、1998年に政府からエコタウン事業の承認を受け、生活密着型のリサイクル産業の振興を推進しています。2002年に日本初の商用RDF(Refused Derived Fuelごみ固形燃料)発電所が稼動を開始しています。また、環境技術研究センター(大牟田市エコサンクセンター)による研究・教育・事業化支援活動を行っています。現在、10を超える企業がリサイクルを中心とした事業を実施中です。
福岡県リサイクル総合研究センター
 福岡県は、企業、大学、自治体による新たな共同研究体制で、リサイクル技術と社会経済システムの開発を行い、その実践を支援しています。その拠点として、2001年に福岡県リサイクル総合研究センターを設立し、研究開発・事業化支援、情報提供等を行い、北九州市や大牟田市などと連携して循環型社会の実現を目指しています。

主な企業
 
「福岡県環境関連企業技術ガイドブック」
福岡県に拠点を有する企業各社が有する環境技術をまとめたガイドブックを作成しました。廃棄物、水、大気、エネルギーなどの分野で優れた環境技術を持つ企業49社の情報を掲載しています。  既に海外での事業を展開している企業も多数あり、その環境技術が現地でも高く評価されています。今後、海外の諸地域との間で環境産業交流が更に進み、様々な地域で環境問題の改善につながることを期待しています。
  その他の企業情報 -----
|| 情報通信技術 || 半導体 / LSI デザイン || 自動車 || バイオテクノロジー || 環境 ||
|| 水素エネルギー || ナノテクノロジー || ロボット ||
|| Home || Fukuoka Welcomes You || 産業プロジェクト || 福岡の魅力 || 海外企業進出事例 ||
|| 福岡企業情報 || サポート || サイトマップ || お問い合わせ ||