sitemapcontact us
HomeIndustriesWhy FukuokaCase StudiesCompany DirectryInvest Fukuoka


情報通信技術
半導体 / LSI デザイン
自動車
バイオテクノロジー
環境
水素エネルギー
ナノテクノロジー
ロボット
コンテンツ産業
INVEST FUKUOKA
Home産業プロジェクトバイオテクノロジー
〜バイオビジネスのアジアでの展開を考えるなら福岡へ〜
 アジア諸国との連携を視野に入れ、バイオテクノロジーを核とした新産業・バイオベンチャーの創出や関連企業・研究機関の一大集積“バイオクラスターの形成”を推進しています。

?福岡には創薬の研究開発のためのサポート体制が整っており、創薬ビジネスにとって理想的な拠点です。福岡県内の4大学病院を中心とした大規模な治験体制である「治験ネットワーク福岡」が整備されており、時期、規模など要望に応じた高品質な臨床データを入手することが可能です。
また、大学におけるバイオ統計専門家の育成、創薬・特許のアドバイザーの支援体制が整備されており、総合的な創薬のアジア拠点として最適です。
アジア各国地域との交通網の整備、優秀な人材確保の面からもアジアでの医薬品の販売を行う窓口として高い可能性を秘めています。



福岡は先進的癌治療研究の拠点でもあります。久留米大学では、韓国、中国などアジアの研究者と肝癌フォーラムを毎年開催するなど肝癌・肝炎の治療研究ではトップランナーです。政府が推進するテーラーメード医療分野では、先駆者的研究を行うテーラーメード肝癌ペプチドワクチンを作る大学発ベンチャー企業も生まれ、今後周辺ビジネスも含め、癌治療研究分野でビジネスが活性化する可能性が高いです。

サポート
「福岡バイオバレープロジェクト」
 バイオ研究開発専用の「福岡バイオインキュベーションセンター(F-BIC)」は、インキュベーションマネージャーが常駐し、研究シーズの産業化、ビジネスパートナーの紹介等のサポートを無料で提供しています。周辺には、久留米大学医学部、福岡県工業技術センター生物食品研究所等のバイオ関連研究機関が立地しており、共同研究開発も可能です。
 また、バイオチップや試薬等の製造を行うためのバイオベンチャー企業向け貸工場「福岡バイオファクトリー」は、バイオ専用工場としては日本初のものであり、海外バイオ企業の事業展開を強力にサポートします。

福岡バイオインキュベーションセンター

福岡バイオファクトリー

主な企業
株式会社グリーンペプタイド
治験薬の製造管理のための業務、アレルギー診断の受託検査を展開。がんペプチドワクチン(前立腺がん)は第V相試験に入り、ペプチド選択のための免疫診断検査等を実施。
株式会社ボナック
核酸化学を通じた医薬品の創出や診断薬の開発。独自に開発した「ボナック核酸」の技術を活用した次世代医薬品開発を展開中。
株式会社ジーエヌアイ
ゲノム創薬支援のためのトランスクリプトーム情報解析システムの開発
株式会社アステック
バイオ関連の研究開発用の医理化機器の製造、販売、輸出入
株式会社イベリカ
臨床治験支援、トランスレーショナルリサーチ、バイオ統計など。アメリカ、東京に支社があり、グローバルに展開中。
株式会社アイエスティー
世界初となる乾燥状態でも蛍光を示す試薬を開発。
  その他の企業情報 -----
|| 情報通信技術 || 半導体 / LSI デザイン || 自動車 || バイオテクノロジー || 環境 ||
|| 水素エネルギー || ナノテクノロジー || ロボット ||コンテンツ産業||
|| Home || Fukuoka Welcomes You || 産業プロジェクト || 福岡の魅力 || 海外企業進出事例 ||
|| 福岡企業情報 || サポート || サイトマップ || お問い合わせ ||